How are you ? Good.

If somebody says “How are you ?”

We recommend saying “Good.”

もしだれかに「How are you ?」と聞かれたら、

私たちは「Good」と返すことをオススメします。

This is the best possible response in a social situation. Let’s stay upbeat.

We clearly want to break the habit of simply repeating was is said, and understanding each phrase.

これはよくあるシチュエーションの中で、一番使える返答です。

言われたことをただリピートしてしまう癖を止め、お互いを理解するためにも

まずはSmall Talkから楽しみましょう。

This is a normal English response to a very simple question. There are other responses, such as;

「How are you ?」「Good」はとてもシンプルな質問に対する通常の返答です。

他にもあります。たとえば

“I’m super !”(めっちゃいいよ!)

 “I’m busy.”(いそがしい)

 “I’m bored.”(つまらない)

 “I’m angry.”(おこってる)

 “I’m sad.”(かなしいよ)

 “I’m tired.”(つかれた)

 “I’m hungry.”(お腹すいた)

“I’m hot.”(暑い)

 “I’m cold.”(寒い)

Many people respond by saying “I’m fine. Thank you.” We don’t recommend this response because it’s very  and also outdated. This type of English is considered abnormal and could even be considered rude.

多くの人が「I’m fine. Thank you」と返事をしがちですが、実は古くてとてもお堅い

表現なので私たちは勧めません。このような英語は時として失礼にとらえられる場合も

あります。

Lately we have specifically been focusing on answering basic questions or responding to small talk without hesitation. We are simply trying to avoid brain-freeze.

最近はスモールトークで使われる基本的なクエスチョンとその応答を、ためらわないで

答えられる練習をしています。

言われていることが分からずに固まってしまう状況もあえて入れて、そのとき英語で

どのように対応するか、レッスンの中に取り入れています。

It’s OK to make mistakes or admit that you don’t know something, don’t understand, or can’t remember.

間違えたり、何か知らなかったり、理解できなかったり、覚えてなかったりでも

もちろん大丈夫!

Here are some other very useful phrases.

そういう場合に役立つフレーズがこちらです。

“I understand.”(わかってます)

“I don’t understand.”(わかりません)

“I don’t know.”(知りません)

“I don’t remember.”(覚えていません)

特に下の3つは学校で言うと怒られそうなフレーズですが、本当に知らなかったり理解

できていない時、だんまりしたり固まってしまうよりも伝えることが大切です。

なのでこの英語フレーズを言って褒められたキッズが今週はたくさんいました(笑)

We encourage our parents to practice at home at least once or twice a day. Parents’ active participation can be very encouraging to children learning English and has proven to accelerate the learning curve.

保護者の方々もぜひお家で一緒に練習していただけると、フレーズが自然と身につき

やすくなります。子ども達と一緒にアクティブに学ぶこと、簡単なフレーズでも十分

です。それが子ども達の励みにもなり、ラーニングカーブ(学習曲線)を加速していく

上で重要にもなります。簡単なことから Let’s try ですね。

This entry was posted in Class, Edutainment, MUKIMU news. Bookmark the permalink.